食後の血糖値を抑えるにはグルコバイ

グルコバイを服用することによって食後の血糖値上昇を抑え、食べたものが脂肪になりにくくなります。太りたくないと思っている方はこのサイトをご参考にし、是非一度お試しください。

グルコバイ画像

グルコバイは急激な血糖値を抑える

グルコバイは糖尿病の治療に使われる薬です。
食後の急激な血糖上昇をおさえる作用があります。

食事で炭水化物を摂取すると、これがブドウ糖に分解されて吸収されます。
炭水化物をブドウ糖に分解するときに働いているのがα-グルコシダーゼという酵素です。

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度をコントロールできなくなっている状態です。
病気ではない人であれば食事で急激に血糖値が上昇しても膵臓から分泌されるインスリンの働きによって、調整がおこなわれます。
ところが糖尿病の人はインスリンがうまく分泌されないとか、分泌されたインスリンがうまく働かないなどの問題があります。
血糖値をコントロールすることができないと糖分過多の血液が血管を傷つけ、恐ろしい合併症を引き起こします。

インスリンがうまく働かないのであれば、インスリンを注射するか、血糖値の急激な上昇をなんらかの方法で抑えるしかありません。
グルコバイはα-グルコシダーゼの働きを抑えることでブドウ糖の過剰な吸収が起きないようにする薬なのです。

注意することとしてグルコバイを単独で使うのでなく、別の血糖降下薬と併用するときがあります。
血糖降下作用を強める薬としてインスリンの分泌を促進させる薬であるスルホニル尿素薬、肝臓に作用して糖新生を抑制するビグアナイド薬、インスリン注射薬などがあります。
またステロイド薬や甲状腺ホルモン薬は血糖降下作用を低下させてしまいます。
そこでこのような薬を使うときは注意が必要です。
またアルコールは血糖値をコントロールを不安定にして、ときには低血糖発作を誘発します。

もしグルコバイによって低血糖がおきた場合はブドウ糖をとることが必要です。
通常の砂糖などはα-グルコシダーゼの働きが阻害されているため意味がありません。